続木 和子

一般社団法人ホルモンバランス研究所 代表

続木メソッド ホルモンバランスカレッジ主宰

続木メソッド ホルモンバランスカレッジの続木和子です。

 

私はかつて子宮筋腫で子宮を摘出しました。

その後、ホルモンバランスをさらに崩して、更年期症状で大変苦しみました。

その経験から、「自分でホルモンバランスを整えること」が大切だと強く感じました。

 

生理は女性の健康やホルモンバランスのバロメーターです。

今の日本では、70%以上の女性に生理痛があります。

小学校の低学年から生理痛の薬を飲んでいる子供もいます。

また、生理の大出血や子宮筋腫、子宮内膜症、子宮頚がん、不妊、乳がん等が大変増えています。

こういう状態は30~40年前までは、ほとんどなかったことです。

ですから、今の日本では、女性が生理やホルモンバランスについて知識が無いと健康に暮らして行けません。

しかし、私たち女性は、自分の生理やホルモンのことを何も知りません。

また、学校や病院でも何も教えてくれません。

 

そこで、女性が自分の体について知り、ホルモンバランスを整えて一層健康になる方法「ツヅキメソッド」を確立しました。

 

ホルモンバランスカレッジを通して、ツヅキメソッドを沢山の女性に伝え、女性の健康と幸せに貢献して行きたいと思います。